×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

郵便局で投資信託が注目

郵便局の投資信託が注目されている理由として、郵便局で扱っているファンドは、投資先が分散されていているものが多く、リスクを小さくすることが考えられる商品が揃っているところではないでしょうか。
投資信託の注目が上がってきている影響には、銀行預金などの金利の低下が考えられるようです。そこで比較的リスクが低く、難しい金融の専門知識も比較的少なくてすむことから、投資初心者にはじめやすい商品「投資信託」が注目されているようです。
そんな中、郵便局も投資信託の販売を開始し、注目されています。ですが、郵便局で扱っているからといって安心だと、なにも考えずに商品を選ぶことは危険ではないでしょうか。郵便局 投資信託は、既に分散投資を基本的にされているようですが、そこからさらにリスクを抑えて、そのファンドの投資先を異なるものを選ぶようにして、できるだけ、元本割れのリスクを避けるなどといった工夫が必要なのではないでしょうか。

商品のリスク

郵便局の投資信託を扱いはじめてから、投資信託への注目も上がってきているそうです。資産運用に興味がある方に特に注目されているそうです。
そんな郵便局の投資信託は、2005年の10月から、販売がはじめられたそうです。低金利になってからも、郵便局だからと、そんな安心感からでしょうか、銀行などの貯金から郵便局へ貯金するといった方が多く、お金が流れていたようです。
やはり、郵便局というと安心・安全といった感じのイメージが強いようです。そんな郵便局の投資信託も同じで、郵便局から販売されるものは、手堅い、安心できるといったイメージが大きいようです。
投資信託を販売する際、金融機関は、リスクに対する説明をする義務があります。商品のリスク(損失が発生する可能性)を説明してもらわないといけません。そして、しっかりとリスクがあることを認識しなければいけませんね。
郵便局の投資信託でも、説明をしっかり聞き、自身の判断でリスクを認識して、購入を決めなければなりませんね。

取り投資信託の選択肢

郵便局での投資信託の業務とは、投資信託を紹介することと販売することです。
投資信託の販売を取り次いでいる業務を郵便局がおこなうのであり、実際に投資信託の運用をしているわけではありません。運用をおこなうのは投資信託を販売している会社となります。
郵便局が投資信託を運用していませんので、元本割れのリスクを認識して、投資信託の商品を選びたいものですね。
郵便局で取り扱いされている投資信託商品は、あまり多くないようですが、商品のラインナップを大量に用意されていても、違いがわかりにくいかもしれません。
ある程度の品揃えのほうが、わかりやすいと、良いかもしれませんね。郵便局の投資信託は、基本的な商品群を元にしているようですので、選択肢としては十分かもしれません。
また、インデックス投信も注目されてきていますが、取り扱いされているようです。

Copyright © 2008 郵便局の投資信託がわかる